乾燥肌のベースメイク

乾燥肌だと、午前中にしっかりメイクしても、しばらくすると肌の表面がガサガサ。
そういう悩みを持たれている乾燥肌の方も多いと思います。
しかし、乾燥肌でも、ファンデーションの吸着を高め、肌を保湿、保護できるような
ベースメイクをすることで、メイクを崩れにくくすることができます。

 

化粧水

メイク前には、必ず化粧水をしっかりと使いましょう。
手にとったら、手の体温で温めて、毛穴の奥まで浸透させるように、
ハンドプレスでゆっくり押し込んでいきます。

 

乳液

化粧水のあとは、乳液です。
乳液を使うと、化粧水で与えた水分の蒸発を防ぎ
肌が滑らかになるので、ファンデーションの延びをよくすることができます。
あまりにべたつくようならティッシュオフしてください。

 

ファンデ

その後、化粧下地で肌を乾燥や紫外線から保護し、ファンデーションをつけていきます。
下地も人肌に温めてから使うと効果的。ファンデーションの吸着を高めてくれます。

 

ベースメイクの仕上がりは、メイクの仕上がりに大きく影響します。
乾燥肌では、肌の保湿と保護が行き届いたベースメイクを心がけるようにしましょう。

 

乾燥肌のファンデーション選び

乾燥肌、敏感肌のファンデ選びとケア【保湿力・カバー力・夏・冬】

乾燥肌に合うファンデーション

ファンデーションといっても、
「リキッドタイプ」「クリームタイプ」「パウダータイプ」など
いくつか種類があります。
乾燥肌におすすめなファンデは、リキッドタイプかクリームタイプです。

 

リキッドタイプやクリームタイプのファンデがおすすめなのは、保湿力が高いから。
乾燥肌には、保湿力が高いファンデ選びが大切です。

 

保湿力が高いファンデーションを使うことで、肌が潤った状態を維持できます。
肌が十分に潤っていると、化粧のりもよく、化粧崩れもしにくくなりますよね。

 

美容成分配合

最近のファンデには、乾燥肌向けに、美容成分がたっぷり配合されていて、
なおかつ、肌トラブルへのカバー力が高いものもたくさんあります。
すごく人気ですよ。

 

 

乾燥肌は、いかに保湿して、それを持続させるかがポイントになります。
肌を長時間潤わせることができる、自分の肌にあったファンデーション。
やっぱり、そういうファンデがいいですね。

乾燥肌でミネラルファンデを使うと

乾燥肌は、肌の水分量不足からバリア機能が低下して、肌表面がもろい状態です。

 

通常使うファンデーションは、顔料に油分、水分、添加物などが配合されています。
肌が弱くなっている乾燥肌には、それが負担になることもあります。
注意してください。

 

ミネラルファンデ

最近よく知られるようになった、ミネラルファンデーションは、
「負担が少なくて、肌に優しい」と言われています。
「肌につけたまま、眠っても大丈夫」とさえ言われています。
それはなぜなのでしょうか?

 

ミネラルとは、「鉱物」のことです。
100%ミネラルのファンデーションは、天然の鉱物だけで作られているファンデのこと。
肌が弱い乾燥肌や敏感肌でも問題なく使うことができます。

 

付け心地はとても軽いのに、「シミ」などもきちんとカバーできるのが特徴です。
紫外線予防の効果もあります。

 

乾燥肌の場合

コラーゲン、セラミド、グリセリンなどの保湿成分配合のファンデを
使えば保湿力も期待できますよ。

 

ただし、少しでもミネラルが配合されていれば、
ミネラルファンデーションとして販売することができるため
きちんと成分を確認して、100%ミネラルのものを選びましょう。

更新履歴